育毛のための栄養摂取に食生活も意識をしていくことが大切

育毛のための栄養摂取
抜けにくい太く丈夫な髪の毛を作り出すためには、しっかりと栄養を摂取していく必要があります。

もちろん育毛剤を利用したケアも重要ですが、育毛にいい食べ物を意識した食生活を送ることで、十分な栄養を頭皮に送り、土壌を耕し、毛根が元気な髪の毛を育てていけるように状態を整えていくことができるようになるのです。

食生活の乱れは抜け毛や薄毛の大きな原因の1つ、ジャンクフードや脂っこいものばかりで皮脂過多になり毛穴を詰まらせたり、無理なダイエットで栄養そのものが不足をすれば、みるみる髪の毛は痩せ細り薄毛を進行させてしまいます。

健康な髪の毛を生やすためには健康的な食生活への改善と、育毛にいい食べ物の摂取を欠かすことができません。頭皮環境の改善、育毛に必要になる栄養補給、両方の観点から必須となります。

まず、育毛に大切な栄養素になるのが髪の毛の源になるタンパク質、頭皮環境の正常化や細胞の活動の手助けに必要なビタミン類、そして抜け毛予防に効果的でありながら不足しがちな亜鉛などが挙げられます。

たとえばタンパク質は髪の毛を構成するメイン成分であり、内臓や皮膚組織を構成する大切な栄養素です。

だからこそ十分な量を摂り続けていなければ、生命活動のために臓器や身体機能に優先的に利用されることになり、直接的に関りのない髪の毛の分まで使われてしまいます。

毎日のように消費されますので不足があってはいけません。タンパク質自体は摂りやすい栄養ですが、肉類などの動物性タンパク質が多いと脂質が増えすぎるのが危険です。

脂質の増加は血液の質を低下させてしまいますので、偏らないように肉類に加えて納豆や豆乳などの大豆製品、イワシやサケといった魚などもバランスよく摂っていきましょう。

ビタミン類は代謝機能を高め、細胞分裂の活性化などに一役買う栄養です。

抗酸化作用のあるビタミンAはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、代謝を活性化するB群は野菜の他にも大豆製品や魚介類、アンチエイジング効果の高いCはキウイやイチゴなどの果物、血行促進効果の高いEはナッツ類やホウレン草、ブロッコリーなどに豊富に含まれています。さまざまな食材を少しずつ、いろいろなものから補給していくようにしましょう。

さらに亜鉛は、ジャンクフードばかり口にしていると体内消費量が増えがちです。

牡蠣、ワカメなどの海藻類に豊富ですが、摂取しやすいサプリメントで一定量摂れるようにするという手もあります。実際、育毛用のサプリメントでは亜鉛含有のものが多い傾向です。

育毛にいい食べ物をたくさん口にしたからといって増毛するわけではありませんが、育毛対策の基本中の基本です。

栄養補給を行うことにより、さまざまな育毛対策と合わせてその効果を高めていくことができます。